犬,糞,回数,多い

ずっと一緒だワンの口コミや効果は?徹底調査してみました

ずっと一緒だワンの口コミや効果はどうなのでしょうか?ずっと一緒だワンの口コミや効果を徹底的に調べてみました。

ホーム » 犬の健康悩みのこと » 犬の糞の回数が多い場合に考えられる4つのケースと対処法

犬の糞の回数が多い場合に考えられる4つのケースと対処法

 

犬の糞の回数が多い場合に考えられる4つのケースと対処法

 

わんちゃんのうんちの回数は一日に約2~3回と言われています。もしおうちのわんちゃんが、2~3回よりも多く頻繁にうんちをしていたら、ちょっと心配になりますよね。

 

下痢や寄生虫といった病気も考えられますが、単純に食事が原因であることもあります。

 

わんちゃんのうんちの回数が多いのはどんな場合が考えられるのか、4つのケースをご紹介します。

 

細菌性・ウイルス性の下痢のケース

普段はなんともないのに、最近うんちの回数が多いな…と感じたら、下痢の可能性もあります。

 

うんちの量が多く、においのあるオナラを頻繁にするようだったら小腸が弱っている可能性があります。

 

また、うんちに血が混じったり粘膜が混じったりしている場合は大腸が原因と考えられます。

 

下痢の症状を起こすサルモネラ菌やカンピロバクター菌、大腸菌といった細菌は、食べ物や水から感染します。食器はいつも清潔なものを使用し、トイレも消毒薬や熱湯で衛生な状態に保つようにしましょう。

 

下痢をすると貧血や脱水状態になりやすいので、まず水分は小まめに補給するようにし、様子を見て病院に連れて行きましょう。

 

寄生虫が原因のケース

寄生虫が原因で腸の働きが弱っていたりお腹を壊していたりするケースもあります。

 

寄生虫は、鞭虫症(べんちゅうしょう)、鉤虫症(こうちゅうしょう)、犬条虫症(いぬじょうちゅうしょう)などが挙げられます。

 

うんちの形状がタール状だったり血の混じった粘り気のあるうんちをしたりする場合や、ちゃんと食事をしているのに貧血気味だったり、食欲が落ちていたりしたら気を付けましょう。また、わんちゃんが背中を丸めていたらお腹が痛いのかもしれません。

 

このような状況に当てはまるなら、病院に連れて行き検査をしてもらったほうがいいでしょう。

 

腸内環境が悪化しているケース

うんちの形状は普通だし、わんちゃんの様子も普通…だけどうんちの回数が多い!という場合は、腸内環境が悪いのかもしれません。

 

人間と同じように、わんちゃんも腸内環境が悪いと便秘や下痢になります。オナラやうんちが臭うようなら、ちゃんと食事を消化できていないのかもしれません。

 

フードに無糖ヨーグルトを足す、食物繊維の多い食材を使う、犬用のサプリメントを使うなど、わんちゃんの腸内環境が改善されるような食生活が大切です。

 

ドッグフードに穀物系が多いケース

回数が多いだけで、ニオイも特になく下痢でもないし形も普通という場合、フードを確認てみてください。

 

もともと肉食である犬は、腸が短いので穀物類の消化が苦手です。普段あげているフードは何が一番多いでしょうか?

 

ドッグフードの場合は、原材料を確認してみてください。原材料の最初の方に小麦粉やとうもろこしなどが載っている場合、もしかしたらおうちのわんちゃんには消化が難しいのかもしれません。

この場合は、フードをお肉メインの物に変えてみると改善されます。

 

まとめ

いかがでしたか?わんちゃんのうんちの回数が多い場合に考えられるケースを4つご紹介しました。

 

下痢や寄生虫と言った病気ではないようなら、回数が多いからと言って心配する必要はありません。

 

どうしても気になるようなら、消化・吸収しやすいフードをあげたりサプリで腸内環境を整えてあげたりするといいですね!

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿