ずっと一緒だワンの口コミ

ずっと一緒だワンの口コミや効果は?徹底調査してみました

ずっと一緒だワンの口コミや効果はどうなのでしょうか?ずっと一緒だワンの口コミや効果を徹底的に調べてみました。

ホーム » アーカイブ

犬の毛並みが食べ物で変わる!愛犬の毛づや良くする食べ物4選

 

愛犬の毛並みや艶がいいと、散歩中ついつい誇らしくて自慢したくなっちゃいますよね。

 

人間でも健康的な人は肌ツヤがよく髪も生き生きとサラサラしていて、惚れ惚れしてしまうものですが、わんちゃんも同じです。

 

健康的な輝くような毛並みにするには、どうしたらいいのでしょうか?ブラッシングもいいですが、体の中から健康的な毛並みにするには食事はもちろん大切。

 

今回は、わんちゃんの毛並みを変える食べ物をご紹介します!

 

肌や毛の主成分、タンパク質

ご存知の通り、毛の主成分は「タンパク質」です。タンパク質が不足していては、わんちゃんの毛並みどころか地肌の肌トラブルの原因にもなってしまいます。

 

普段のわんちゃんの食事は主にドッグフードという方は、原材料を確認してみてください。最初に小麦やトウモロコシなどが記載されている場合は、肉系のフードに切り替えるといいでしょう。

 

犬はもともと肉食性なので、タンパク質と言っても大豆のような食物性のものより鶏肉や牛肉などの動物性たんぱく質が有効です。

 

1日のうち一食は手作り料理にするなどして、バランス良い食生活にしてあげるのもいいですね。

 

亜鉛などのミネラルをプラス

「亜鉛」や「銅」といったミネラル成分は、犬の毛づやに重要と言われています。これらのミネラルを多く含む食材には、レバーや納豆、卵、牛肉などが挙げられます。

 

亜鉛はカルシウムや穀類と一緒に摂取すると吸収が悪くなるので、ドッグフードに亜鉛が含まれている場合でもわんちゃんに十分吸収されているかわかりません。

 

たまにレバーをご飯にプラスしてあげるといいでしょう。

 

必須脂肪酸のオメガ3・オメガ6で肌のコンディショニング

毛の土台となる皮膚は、毛並みを良くするためには無視できません。皮膚のコンディションを整える必須脂肪酸も意識して与えてあげましょう。

 

現代の食生活は、オメガ6系の必須脂肪酸は過剰摂取気味で、オメガ3系は不足気味と言われています。オメガ6系を抑えてオメガ3系を増やすようバランスよく摂れるといいですね。

 

オメガ3系は青魚や亜麻仁油などの植物油に含まれています。加熱には向いていないので、普段の所k時に亜麻仁油をスプーン1杯かけてあげるなどで十分です。

 

ビタミンで調整

人間同様、犬の食事にもバランスのとれたビタミンが含まれていることが理想です。ビタミン類は体の生命活動に必要な機能を調節したり、免疫力をあげたりしてくれます。

 

皮膚の免疫力をあげたりコシのある毛を生やす助けをしてくれるのはビタミンA、B群、Eなどです。緑黄色野菜や果物、豚肉、大豆などに多く含まれています。

 

 

まとめ

ご紹介した通り、犬の毛並みを良くするためには「これさえ食べればOK」という食品があるわけではありません。

 

肉系中心で、栄養バランスのとれた食事をしていればおのずとサラつやヘアーになるでしょう。

 

1種類のドッグフードだけでは犬も飽きてしまい食事が楽しくなくなるかもしれません。栄養バランスをよくするためにも、バラエティに富んだ食事を用意してあげられるといいですね!

カテゴリー
最近の投稿